★あなたの人生が狂わぬよう手術別の名医をお教えします 

名医をお教えします≫
(失敗画像 解説付き)

NHKで紹介された公式ブログ≫

名医を探そうと調べれば調べるほど迷ってしまった経験はありませんか・・・
クリニックのHPやブログには魅力的な内容しか載せておらず、実際に起こした失敗やリスクには触れていないので信用できない。
症例写真は明らかに加工されており鵜呑みにできない。
そもそも術前写真はスッピン、固い表情、暗い被写体なのに、術後写真は薄っすらとメイク、かすかに微笑んだ表情、明るい被写体で撮ってあるので比較にならない。
カウンセリングにおけるドクターの感じが良かったり納得のいく内容であったからといって手術の技量とは別問題。
そもそもカウンセリングの大部分をカウンセラー(というと聞こえがいいがその実態は営業スタッフ)に任せているクリニックも多い。
メール相談に対する回答が丁寧だったり納得のいく内容であったからといって手術の技量とは別問題。
そもそもメール相談への回答はドクターが書いているとは限らずスタッフが担当しているクリニックも多い。
ネット上の口コミ情報は賛否両論がある上に余りにも情報量が多すぎて何を信じていいのか余計に迷ってしまう。 等々

そこで、もし自分が受けたい手術の名医を見いだせない場合には・・・
下記の手術別 「メール相談フォーム」 から管理人へご相談ください。原則メールが届いた24時間内に返信を差し上げます。なお、相談フォームの記入内容によっては管理人の判断で抽象的な回答にとどめるかも知れません。予めご了承ください。

すでにカウンセリングを受けたり候補のクリニック(ドクター)がある場合・・・
そのクリニック(ドクター)名を相談フォームに記入され送信ください。僭越ながら管理人が知りうる限りのアドバイスをさせていただきます。

プライバシーについて・・・
相談内容が美容整形という性質上、相談フォームには、氏名住所電話番号など個人情報に関する記入項目は設けてありません。ですから何の心配もせずお気軽にご相談ください。

もちろん相談は無料です・・・
このブログは営利を目的に開設しているわけではありません。
美容外科医の90%以上がお金と向き合うだけで患者とは向き合いません。管理人など微力ではありますが医師の倫理にもとる輩に一矢を報いたくこのブログを開設しているに過ぎません

▼以下、手術別の 「メール相談フォーム」 です・・・
——————————————————-
輪郭形成 エラ、顎、頬の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
豊胸(脂肪注入) 豊胸の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
フェイスリフト フェイスリフトの名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
目もと 目元のクマ、たるみの名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
二重瞼 目の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
鼻 鼻の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
矯正歯科 矯正歯科の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
名医 上記以外の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
美容整形 美容整形/全般の相談 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-

他院で入れた豊胸バッグを取り出すのは相当の技術が必要です|胸

名医をお教えします
(失敗画像 解説付き)

NHKで紹介された公式ブログ≫

豊胸手術-Themes|

あるクリニックで豊胸バッグを入れたとします|豊胸手術、他|
それがなんらかの原因で、バッグを取り出したい・・・となったら・・・。
一番良いのは、入れてもらった医師に除去してもらうことですが、
万一、失敗が原因で除去したい場合は二度とその医師に会いたくないですよね♥akn♥
もちろん他院でバッグ除去することは可能ですが、
医師によって若干挿入方法が違う場合があります。
また、ある程度先生たちはカンを頼りに執刀しているところもあるのです。
ベテランの先生だったら、自分の経験と知識で「この辺りに入れるだろう」と・・・
それが全く知らない先生が入れたものを除去するとなると、
実際に開けてみないと分からないこともあるのですから↓↓
経験の浅い医師にお願いしたら取り返しのつかないことにもなりかねません。

– – – – – – – – – – – – – – – – –
▽読者寄稿記事

豊胸手術のインプラントはワキの下、もしくは乳房の下から胸部に挿入します。肋骨の上に大胸筋、その上の層に乳腺がありますが、個人の体格や組織の状態に応じて、バッグを乳腺下に入れるか大胸筋下に入れるかが異なります。乳腺や皮下脂肪が少ない人はバッグの形状が響かないように大胸筋下に入れる方法をお勧めします。それなりに乳腺にボリュームがある人は乳腺下に入れる方法が適しています。ただし、実際にどちらに入れるかはその人の胸部の解剖学的な違いを考慮し決定します。

脂肪注入による豊胸手術でのトラブルが増加している要因の1つが注入方法。大量の脂肪を同じところに注入すると、乳房内で塊となり1つ1つの細胞に栄養素が届かなくなることから、最終的にしこりとして残ってしまうことがあるのです。

どんな手術でも名医はいますが、反面、ヤブ医者もいます。シリコンバッグを入れるために切開したところ、酷い傷が残ってしまった豊胸手術の例を紹介します。このクリニックでは脇からバッグを入れる方法をとっていて、ドクターの説明内容は「腕を上げなければ他人が傷に気付くことはないし、脇のシワに同化していずれは見えなくなる。」とのことでした。女性はクリニックのHPに「当院が独自で開発した○○法で行えば傷は残らないし安全です!」「芸能人もやってます!」という文言もみており、安心してここのクリニックの豊胸手術を受けました。ところが、全身麻酔から目覚めたら右側の傷跡が乳房の周辺まで伸びていました。女性はショックを受けましたが手術を行ったドクターから言われた「数ヶ月で傷はなくなる。」という言葉を信じてダウンタイムを過ごしていました。しかし1年以上たっても傷跡が綺麗になることはなく、女性は総合病院の形成外科で傷跡の修正手術を受けたとのことでした。汚い傷跡は切除できましたが、修正手術の際にできた長い1本の白い切開線は残ってしまいました。ホームページ上では豊胸手術の専門医であるというような誇大広告をかかげていたクリニック。今このクリニックはその杜撰な手術方法で廃院となっているようですが、これから豊胸手術をお考えの方はくれぐれもこういった腕のないドクターにかからないようお気をつけください。

太ももの内側とお腹全周から合計2000cc脂肪吸引して250ccずつ注入する豊胸手術をしました。手術中は麻酔をしてるので痛みはありません。ただ、麻酔の影響のせいか寒かったです。全裸だし緊張も相まってたと思いますが。それでも先生や看護師さん達が「ごめんねー、もう少しだからねー、頑張ろうねー」と気にかけてくれてたので安心して横になってることが出来ました。麻酔が切れた後は鈍~く、ズキン…ズキン…と痛みが出ましたが鎮痛剤なしでも大丈夫でした。もちろん、痛かったらお薬を出してもらえるので安心してください。豊胸手術後2、3週間くらいは胸も吸引したところも若干硬かったのですが、1ヶ月くらいでほどよい柔らかさになりました。それまでは日常生活に支障はないとはいえ、胸に腕やカバンが当たらないように、寝てる時はうつ伏せにならないように、と気にしすぎ?!ってくらい気にしてましたが、今は全然気にせず過ごしてます。腫れが引くと少し胸も小さくなりましたが、豊胸手術前にくらべたら大満足の大きさです。
– – – – – – – – – – – – – – – – –

手紙 あなたの人生が狂わぬよう手術別の名医をお教えします!

左クリック NHKで報道された管理人の公式ブログ!